ホーム » 給与を上げる狙い目のルート

給与を上げる狙い目のルート

看護師が職場を変えずに給与アップを目指すのであれば、手当をたくさん得るのが有効です。
看護師は基本給がそこまで高額でなく、深夜手当や残業手当などによって収入をアップさせている人が少なくありません。

また、重病患者が多い診療科においては特殊業務手当が支給されるケースも少なくありません。
しかしながら、こうした手当を狙って働くことで給与アップは実現できますが、負担も増えることには注意しておく必要があります。

そして主任や師長などの管理職へと昇進することも給与アップの一つです。管理職を担っている人の数は多くないため、昇進はなかなか難しいものですが、一定以上の規模の病院で長く勤務すれば、十分昇進のチャンスは出てきます。
もし将来的な昇進を狙うのであれば、就職の段階からそのことを意識しておく必要があるでしょう。

今の職場では望ましい給与を得られないと感じるなら、転職を考えてみるのも手です。都市部の大学病院などは、給与が高い傾向にあるため狙い目です。実際、都市部の大学病院で働きたいと考えている方は多くいます。その中で頭1つ抜けた存在になるには、認定看護師や専門看護師といった資格を獲得することも有効です。

もし、病院の看護師としての勤務がきつくなってきたのであれば、訪問看護師として働くという手もあります。訪問看護は、日勤のみの仕事でありながら、給与水準が高いことで多くの看護師から注目を集めています。

通常の病院での看護とは勤務体系が大きく変わるため、訪問看護への転職直後は戸惑うかもしれませんが、やはり実感できるやりがいは大きい仕事です。患者さんとの信頼関係を築けるようになれば、自然とモチベーションは上がってくるでしょう。

このように、給与アップを目指すための手段はいくつもありますが、どれも一朝一夕に実現するものではありません。確実に給与を上げたいのであれば、常日頃から現場で実力を高める努力をしておくことが大切です。