ホーム » 看護師が給与アップするポイント

看護師が給与アップするポイント

看護師が転職以外で給与アップを目指す方法としては、まず自分がもらっている給料の詳細を細かく把握しておく事が重要です。

具体的には、夜勤に関する手当などの部分を見直す必要があります。例えば、夜勤が少なく日勤が多い場合、当然夜勤手当は少なくなります。そこで、検討したいのが働き方を変えること。日勤の勤務を減らし、夜勤の時間帯での勤務を増やせば、手軽に給与をアップさせる事ができます。

しかし、夜勤を増やせば当然体に疲れが溜まる事になるため、その分自分の健康を管理する能力が必要になってきます。無理をして体を壊し欠勤してしまうと、休んでいる間は有給を使わない限り給料は発生しません。結果的に給与が下がってしまうだけでなく、一度体を壊してしまうと長引いてしまう場合もあるため、無理はしないことが重要です。

また、スキルアップに繋がる資格を取得する事も給与アップを狙う方法の一つです。特に専門性が高い知識を必要とした資格の取得は給与アップに大きく近づく事ができます。

専門性が高い資格には、専門看護師や認定看護師などが挙げられます。これらの資格を取得することができれば、資格手当を受けることが可能です。しかし、医療機関によってはもらえない場合もあるため、手当が出るかどうかは確かめておきましょう。

そして他の方法として、基本給を上げる方法もあります。
基本給が上がる条件は勤務する医療機関によって異なりますが、多くの場合は管理職などに昇進する事で基本給が上がります。基本的に断続勤務をして、勤務先から認められなければ昇進は難しいため、この方法で給与アップを狙うのは効率的とはいえません。